現場確認は基本です!(1)

 宅建業務においては、重要事項を説明するうえで、土地・建物の確認が必須です。
 確認の方法は大きく2つあります。

(1)登記簿等の確認
(2)現地調査

です。
 まずは、登記簿を確認します。土地であれば、正確な地番、地積、地目がわかります。
 「地目」というのは、宅地なのか、畑なのか、原野なのか等のことです。
 また、登記簿には該当土地の所有者と住所(所有者情報)と所有権取得日が書かれています。

地番
地目
地積
所有者情報(所有者名と住所)
所有権取得日

 登記簿は、登記所へ行って窓口で手続きをすれば誰でも取得することが可能です。
 もっとも、現在は、オンラインで登記情報を請求することもできます。もちろん有料ですが、窓口での手続きよりも料金が安いです。登記所へ出向く必要もありませんから、公的機関へ提出する必要がない場合、たとえば登記情報を調べたいときなどは、オンラインで請求すれば十分です。時間的にもコスト的にも安上がりで重宝します。

 その次は、現地調査です。
 登記簿には、該当土地の公示に必要な最小限の情報しかありませんから、該当土地の周辺がどうなっているかは実際に現場へ行って確認する必要があります。
 現地調査で一番重要なのは、隣地との境界が明示されているかです。つまり、土地購入で一番重要なのは、該当土地がどこからどこまでなのか?という点です。当たり前だと思われるでしょうが、その当たり前ができていなければ、大変なことになります。ですので、必要であれば隣地所有者に境界について確認します。境界に争いがある土地をそうとは知らないで購入した場合、大変面倒なことになるからです。万が一、境界があやふやであれば、隣地所有者の承諾を得て土地の測量をする必要も出てきます。

---続---

下記ブログに参加しております。
もしよろしければ、応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村
ありがとうございました。

コメントは受け付けていません。